膝痛の症状【膝の内側・外側】

膝の内側・外側が痛い

膝痛の症状【膝の内側・外側】(イメージ)

膝の内側と外側に痛みをもたらす病名

みなさんは膝のどこに痛みを感じますか。

「膝の痛み」とひと口に言っても、部位により原因は異なります。こちらでは、膝の内側と外側に痛みをもたらす原因と症状を紹介していきます。

症状に当てはまるものがあった場合、無理は禁物。病院などに相談し、適切な治療を行うようにしてくださいね。

【膝の外側】腸脛靭帯炎

膝の外側に痛みを感じる場合は、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)の可能性があります。
腸脛靭帯とは太ももの外側を覆う長い靭帯のこと。膝の外側の安定を保つ働きがあります。

  • 腸脛靭帯炎の症状
    膝の外側が緊張するような違和感、痛み。重症化すると曲げ伸ばしが困難になる。

  • 腸脛靭帯炎になりやすい人
    ランニングや登山などの習慣がある人。

  • 腸脛靭帯炎の治療
    よほど重症化していない場合、保存療法が適用される。消炎鎮痛剤の塗布や内服で回復する。

  • 腸脛靭帯炎の予防策
    ランニングなどの前に、十分な準備運動を行い、運動後は膝の外側をしっかりクールダウンさせる。

【膝の内側】鵞足炎

膝の内側に痛みを感じる場合は、鵞足炎(がそくえん)の可能性があります。
鵞足とは、膝の内側にある腱が集中した部位のこと。筋肉を骨に付着させるため、仲介の宅割を果たす強力な結合組織線維束です。

  • 鵞足炎の症状
    膝の内側から膝下にかけて痛みや腫れが生じる。重症化すると安静時にも痛みを感じるようになる。

  • 鵞足炎になりやすい人
    サッカーなどの球技や、水泳の習慣がある人。

  • 鵞足炎の治療
    ほとんどの場合は運動を控えることで炎症が収まる。重症時には電気治療が行われる場合も。

  • 鵞足炎の予防策
    運動時に必要以上の無理をしない。疲労を自覚した場合は、十分休養を取る。

【膝の内側】タナ障害 

膝の内側に痛みを感じる場合は、タナ障害の可能性があります。タナとは、膝のお皿と大腿骨の間にあるヒダのこと。
特別な役割をもたない組織です。

  • タナ障害の症状
    膝の皿の内側に痛みや違和感を感じる。屈伸運動をした際「コキコキ」と音がする。重症化すると安静時にも痛みを 感じるようになる。

  • タナ障害になりやすい人
    特に太ももの筋肉に負担がかかりやすいスポーツ(野球、バレーボール、陸上など)習慣がある人。

  • タナ障害の治療
      軽症の場合は安静や消炎鎮痛剤の塗布で沈静化する。重症の場合は関節鏡手術でタナを切除することも。

  • タナ障害の予防策
    膝周りの筋力を鍛えるトレーニングやストレッチを行う。膝を冷やさないよう、注意することも大切。