膝に負担をかけない生活習慣

膝痛の予防改善方法

膝に負担をかけない生活習慣(イメージ)

「膝が痛い」の予防改善は毎日の生活習慣から

つらい膝の痛みを予防するために、日常生活で気をつけたいことがあります。

膝に負担をかける要因のひとつとして肥満があります。 肥満にならないために食生活に気を配り、同時に膝に良い栄養素を摂るようにしましょう。適度な運動も肥満防止や足腰の健康に役立ちます。

膝のスムーズな動きに役立つ軟骨成分・グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などは、加齢とともに人体から減少していきます。サプリメントなどで積極的に補充するよう。心がけていきましょう!

膝に良い食生活って?

膝に良い食生活って?(イメージ)

膝に大きな負担をかける肥満は、何としても避けたいところです。肥満を招く食生活に陥らないよう、以下に注意していきましょう。

  • 油や砂糖、炭水化物を多く含む食品を避ける。

  • 飲み過ぎ食べ過ぎ、早食いを避ける。

  • 規則正しい食事時間と回数を心がける。

さらに膝を丈夫に保つために、以下の栄養素に注目してください。

  • カルシウム
    骨の材料になる。乳製品や魚介類、豆腐や納豆などの豆類、そして緑黄色野菜に多く含まれる。

  • ビタミン
    カルシウムの吸収率を高めるビタミンD/Kは積極的に摂取を(野菜や魚介類に多く含まれる)。

  • ミネラル
    骨形成に役立つリン、マンガン、カリウム類は積極的に摂取を(野菜に多く含まれる)。

  • タンパク質
    骨はもちろん、体のあらゆる部分に必要な栄養素。乳製品や肉類、魚介類、卵、豆類に多く含まれる。

また膝のスムーズな動きに役立つ軟骨成分・グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などは、加齢とともに人体から減少していきます。サプリメントなどで積極的に補充するよう。心がけていきましょう!

膝に良い運動って?

膝に良い運動って?(イメージ)

膝適度な運動にはまず、膝の大敵・肥満を防止する働きがあります。また膝周りの筋力向上や、関節の柔軟性アップは、痛みの軽減や再発防止にも役立ちます。

  • 筋力トレーニングやストレッチ

  • ウォーキングやジョギングなどの全身運動

ぜひ、習慣にしていきましょう。

また毎日の生活の中で、正しい姿勢を保つことも重要です。猫背は知らず知らずのうちに、膝へ負担をかけますし、正座や横座りなどが意外に膝をいじめるので、要注意。

立つ時は背すじを伸ばしてあごを引き、座る時はなるべく椅子に腰掛けるようにしてください。