グルコサミンとは?

グルコサミンとは?

グルコサミンってどんな成分?

グルコサミンは骨と骨の間に存在する、軟骨の構成成分のひとつ。軟骨は弾力性に富んでおり、体を動かす際、骨と骨が直接当たって擦り減るのを防いでくれます。

軟骨は70%前後が水分。残りの30%はグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどで構成されています。

関節の動きに欠かせない成分・グルコサミンとは

正常なひざと軟骨がすり減ったひざ

グルコサミンは骨と骨の間に存在する、軟骨の構成成分のひとつ。軟骨は弾力性に富んでおり、体を動かす際、骨と骨が直接当たって擦り減るのを防いでくれます。


軟骨は70%前後が水分。残りの30%はグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどで構成されています。


グルコサミンはもともと人間の身体に存在する成分ですが、加齢や肥満、運動不足などが要因となり、20歳を過ぎた頃から生成量が減少していきます。


グルコサミン不足で軟骨がすり減るようになると、関節を動かすたびに痛みが走るようになります。より柔軟な軟骨を作り続けるため、グルコサミンを補う必要があるのです。

グルコサミンを補給するには

とはいえ、グルコサミンは1日1000mg程度の摂取が推奨されています。食生活から効率よく摂取するのは、至難の業。


また食べて直接吸収されるわけではなく、食品(カニやエビの殻、うなぎ、山芋など)が含むプロテオグリカンという成分の一部が分解され、グルコサミンとなったところで、ようやく吸収に至るのです。効率的にグルコサミンを摂取するには、やはりサプリメントがおすすめと言えるでしょう。


近年は数多くのグルコサミンサプリメントが販売されています。カプセルや錠剤、顆粒などタイプもさまざまで、コンドロイチンやヒアルロン酸などを同時に摂取できる商品も。


もともと自然由来の成分なので、安心して飲み続けることができると思いますよ。ぜひグルコサミンサプリメントの摂取習慣をつけて、関節の痛みに身体の内側からアプローチしてください。