グルコサミンが含まれている食品

グルコサミンが含まれている食品

関節いきいき成分「グルコサミン」は食事でとれる?

膝や腰など、関節の痛みを和らげる成分として、注目を集めているグルコサミン。以下の食品の中に含まれているので、チェックしてみてください。

動物性

エビやカニなど甲殻類の殻、豚・牛・鶏などの軟骨、鶏の皮、フカヒレ、うなぎ、牛すじ

植物性

山芋、オクラ、里芋、納豆、きのこ類

まだ関節の痛みを意識していない方々は、食生活の中で上記の食品を積極的に摂取して、グルコサミンの補給に努めたいもの。

とは言え加齢などにより、すでに関節の違和感や痛みを意識している人にとって、食材からグルコサミンを摂取する方法は、あまり現実的と言えません。

と言うのも、グルコサミンは食べて直接吸収される成分ではないからです。上記の食品が含むプロテオグリカンという成分の一部が体内で分解され、グルコサミンとなったところで、ようやく吸収に至るのです。

こうした分解/合成のプロセスは、加齢により速度が遅くなるので、グルコサミンは体内からどんどん欠乏していきます。

またグルコサミンの、1日の摂取目安量は、1000mg程度と言われています。食品に含まれるプロテオグリカン(グルコサミン)の量はさほど多くないので、毎日の食事の中で必要量を満たしていくのは、大変な作業となってしまいます。