からだに負担をかけない楽々マッサージ体操

からだに負担をかけない楽々マッサージ体操

関節をケアするストレッチ・体操・マッサージ特集

膝や腰、肩や首などの違和感や痛みは、日常の何気ない動作に影を落とします。関節が痛むことで運動不足を招き、さらに症状を悪化させてしまう可能性がありますよ。痛みや炎症が本格化してしまってからは、医師の指導のもとで改善に励む必要がありますが、「まだそのレベルまで悪化していない」という自覚がある場合は、セルフケアに励みたいもの。自宅でできるストレッチやマッサージで、予防に努めていきましょう!

膝(ひざ)・足首

歩行したり、ジョギングをしていて足の動きに違和感を覚えたり、階段の昇り降りがつらかったりするなら、マッサージやストレッチで足をほぐすのが一番!足の動きがスムーズになるだけでなく、筋肉のこわばりが解消されたり、血行も良くなるなど効果テキメンですよ!入浴後や就寝前など、日常的に取り入れるようにしてみましょう。

膝(ひざ)・足首のイラスト くわしく読む

腰・背中

過酷な肉体労働をしていたり、加齢とともに衰えてくるのは、やはり腰・背中でしょう。ぎっくり腰やヘルニアとまではいかなくても、生活で常に腰痛を抱えているなら、たとえば入浴後にマッサージやストレッチをする習慣をつけるのも手です。腰や背中に痛みが楽になります。ただし、強い痛みや炎症などがある場合は控えるようにしてください。

腰・背中のイラスト くわしく読む

肘(ひじ)・手首

肘や手首の痛みは加齢によるものだけでなく、テニスをしていて肘を痛める「テニス肘」や、ゴルフをしていて手首を痛めるといったように、スポーツが理由で 痛める人も多くいます。あるいは家事や仕事で、痛めてしまう人も…。なにごとも酷使するのは禁物ですが、日ごろからマッサージやストレッチをしておくと、 疲れが溜まりにくくなります。自宅で簡単にできるストレッチ方法は必見ですよ。

肘(ひじ)・手首のイラスト くわしく読む

肩・首

肩や首の痛みは、筋肉疲労によるところが大きな原因でしょう。長時間同じ姿勢でいたり、朝夕の激しい気温差で肩のこわばりが起こってしまうなど、ダメージの受けやすさも年齢によって異なります。改善・予防のためには、こまめにセルフマッサージをして血行改善に努めましょう。こちらでは、おすすめのマッサージ&ストレッチ法を紹介しています。

肩・首イラスト くわしく読む