関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチの症状について

関節痛の原因となる病気「関節リウマチ」には、次のような自覚症状があらわれます。症状が進行すると、肺や目などに炎症が起こることもあります。下記の症状が当てはまる場合は、すぐ病院で検査を受けましょう。

膝や指、手首、肘など、全身の関節がこわばり、動かしにくい

各関節の左右両方に、腫れや痛みがある

安静時でも痛みを感じる。動くとさらに強く痛む

関節リウマチ画像

だるさや疲労感があり、微熱や食欲不振、貧血が生じる

肘や膝、アキレス腱や後頭部などに瘤のようなしこりができる

関節リウマチの症状

関節リウマチの原因

関節リウマチは、免疫異常に原因があります。ウィルス感染などがきっかけで、身体から異物を排除する免疫機能が働いた結果、自分自身の組織を異物とみなし、攻撃してしまうのです。

このような異常が引き起こされる原因は、まだはっきりと解明されていません。しかし結果として関節全体に炎症が広がり、軟骨や骨が破壊されてしまいます。

また関節リウマチの発症は30~50代の年齢層に多く、女性患者は男性の3倍、というデータもあります。

関節リウマチの治療法

病院で血液とX線検査で骨の状態を確認し、関節リウマチと診断されたら、医師の指導のもとに治療が開始されます。その内容は症状の程度によって異なります。

薬物療法
抗リウマチ薬、非ステロイド性消炎鎮痛薬、ステロイド薬などの投与が中心。、炎症や関節の破壊を強く抑える。
その他
薬物療法と併用するかたちで、運動、温熱、装具療法(ギブスなど)が採用される。

関節リウマチの治療には、関節の保護がとても重要になってきます。関節に負担をかけない動作や、安静と運動を組み合わせるコツなどを学んでいかなければなりません。医師の指導に従い、リハビリに励む環境を整えていきましょう。